板橋区 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 板橋区役所前

受付時間
10:00~13:00
14:30~20:00
メープル ブログ

携帯電話より
QRコードを読取り
ご覧下さい。

 

HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング ~歯を白くしたい~

プライベートでもビジネスでも、人と会話をするとき相手は無意識のうちに口元を見て、
そこから皆様に対する印象を感じ取っています。

口元の美しい人は笑顔も素敵で、周囲に笑顔を誘い、和ませ、笑顔を広げます。
歯や、口元のコンプレックスをなくすことで、自分に自信が持て、人前で話をしたり、笑ったりするのが、楽しくなります。
鏡でご自身の口元、歯をご覧になってみて下さい。
あなたの笑顔。邪魔をしている物はなんですか?
ホワイトニング
その一つに‘歯の色’があると思います。
皆様が気にされている‘歯の色’にもいろいろな種類、原因があります。
まず原因を知ることで、ご自身にあった効果的な方法を選択することができると思います。
私たちメープルリーフデンタルクリニックは、歯を白く、美しくすることを得意としております。気になるところが御座いましたら、何でもご相談ください。
ホワイトニング
ホワイトニング

皆様の素敵な‘笑顔’のためにお手伝いいたします。


(ある調査会社のアンケート‘どこがよくなれば笑顔がもっと素敵になるか?’では、‘目’や‘肌’を抜き、‘歯’が断トツ一位でした。)

歯の色の原因

☆歯の着色・・・
しっかり歯を磨いているのに何故着色するのでしょうか?それは食習慣、生活習慣で歯の表面に沈着する外来性色素(ステイン)によるものです。日常の飲食で、赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー、香辛料、焼きそばなど濃い色の物の色素が着色の原因となります。喫煙によるヤニも内側(舌側)より沈着が始まり、全体的に黄ばんできます。着色やタバコのヤニを気にされて粗い粒子の研磨剤を含む‘ヤニ取り歯磨き’等を過度に使用したり、ご自身で何かしらの器具等を使用し無理に落そうとすると、歯が過剰に削れてしまったり、歯茎を傷めてしまったり、知覚過敏の原因になる可能性もあります。一時的に汚れが落とせても、歯の表面がザラザラの状態のままだと、逆に再び色素や虫歯、歯周病の原因菌が歯に付着しやすくなります。
喫煙による着色

私たちメープルリーフデンタルクリニックでは、皆様の生活習慣、食習慣、日常でのご自身のブラシング(セルフケアー)について十分に話し合い、個人個人に適したセルフケアーをアドバイスさせていただいております。
また、できる限り歯を傷めない方法で歯の着色を除去し、表面をツルツルにして再び着色が付きにくい状態に口腔内環境を整えます。 (プロフェッショナルトリートメント)

皆様の行うセルフケアーと、私たちが定期的に行うプロフェッショナルトリートメントの組み合わせが、歯を傷めず、キレイな歯を維持していく秘訣です。
プロフェッショナルトリートメントにはいくつかの方法が御座います。
着色傾向の強い方は、私たちとより良いお付き合いをしていただければ幸いです。
また、皆様に適切なセルフケアーを行っていただきたいので、皆様に合ったオーラルケアー用品を全てご用意いたしております。

☆喫煙による着色・・・
定期的な歯科の受診を強くお勧めいたします。 ヤニ(ニコチンやタール)の沈着は、初期の虫歯の発見をしにくくします。それだけではなく、喫煙は唾液量の低下、唾液による緩衝能の低下、免疫力の低下、ビタミンCの破壊、歯茎の末梢血管収縮により酸素や栄養の供給が減少し、自然治癒力が低下するなど、虫歯や歯周病のリスクが高くなり、口臭の原因にもなります。口腔粘膜の病気や、全身疾患への影響もあります。逆に全身疾患が影響して口腔内に症状として現れる場合もあります。
どんなに身近な人でも、口の中の粘膜や、舌の異常に気が付く人はなかなかいません。
言い換えれば、皆様の口腔内を常に見ていて、早期に異常を気付くことができるのは、私たち歯科医師、歯科衛生士だけです。喫煙との因果関係が認められる口腔癌は、初期の段階で痛みもなく、口の中の荒れや口内炎として見落としてしまうことが多く、進行してしまう場合があります。初期症状のうちに発見できれば、5年生存率は90%を超える報告もあり、障害を残さず治療できる可能性が高いですが進行してしまうと治療後も食事や会話に機能障害が残ってしまうなど影響が残り、命に関わる場合もあります。
他の臓器の癌と比べて、‘直接見て確認できる癌’なので、歯科に定期的にかかっていれば早期発見しやすい癌とも言えます。

私たちメープルリーフデンタルクリニックは、患者様の‘歯’だけではなく口腔内粘膜、軟組織も必ずチェクしています。
ご自身の健康のためにも、喫煙されている方は、喫煙されている方に適したセルフケアーと定期的なプロフェッショナルケアーが必要です。 また、定期的な受診により、口腔がんの予防と早期発見のお役立ちになれれば幸いです。

(口腔癌は癌全体の2~4%ですが、日本では年間6,000人がかかり、約3,000人が死亡しています。早期発見率は20%と低いのが現状です。 禁煙することの難しさは十分に解ります。しかしながら、喫煙者が歯石や着色(ヤニ)をとる為に定期的に歯科を受診することにより、口腔癌の早期発見率が上がると考えております。)

☆虫歯・・・
虫歯とは、虫歯の原因の細菌が、お口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。 虫歯になりやすい場所は、歯と歯の隣り合っている場所、歯の溝、歯茎の近くです。 虫歯が進むと、まず歯の表面(エナメル質)が白濁し、白っぽく見えてきます。この段階では自覚症状もなく、適切な歯磨きや、フッ素塗布で進行を防げます。 さらに歯の奥に虫歯が進む(エナメル質→象牙質)と、歯の構造が壊れ、黒っぽくなってきます。ここまで虫歯が進んでしまうと、虫歯の部分を取り除き、詰め物で治します。 前歯に虫歯があると、審美的に問題がありますし、相手に良い印象を与えません。 奥歯(前から数えて4番目以降、犬歯より後ろの歯)で、保険治療だといわゆる‘銀歯’になる場合があり、せっかく治療しても、審美的な問題となる場合があります。メープルリーフデンタルクリニックでは、可能な限り目立つところに金属を使用しない治療法を行っております。 銀歯が気になる場合お申し出下さい。
相談しながら治療を進めましょう。

(保険適応と、保険適応外の修復方法がございます。)

前歯 隣り合っているところの虫歯1 前歯 隣り合っているところの虫歯1
前歯 隣り合っているところの虫歯2 歯茎の近くの虫歯
小臼歯 隣り合っているところの虫歯

☆神経のない歯・・・
過去に虫歯が神経まで進み、根の治療(歯の神経を取り除く治療、根管治療)を受けていませんか? 神経の無い歯は、時間が経つと黒褐色に変化してきます。
周りの歯と色のバランスが取れていない場合、このような原因が疑われます。また過去に虫歯が神経に近接していて、詰め物の処置を受けたが、時間とともに神経が傷み、死んでしまった場合もこの様になります。その場合、根の先に膿を持ち、痛みが出たり、歯が脆くなり急に折れてしまうことがあります。前歯が急に折れてしまうと、多くの方は慌ててしまいます。 ご自身の歯を今一度鏡で確認してみて下さい。おかしいな?と思われる歯が御座いましたら、お気軽にご相談ください。
歯を白くするには、被せ物をするか、削ることに抵抗があれば、歯の中からホワイトニングする方法があります。
(保険適応外ウォーキングブリーチ法効果には状態によって個人差がございます。)

ウォーキングブリーチ1 ウォーキングブリーチ2

☆歯石・・・
歯の表面に強固に付着していて、歯ブラシでは取ることができません。
お口の中のプラーク(細菌)と、唾液中のカルシウム成分が沈着し、石灰化したものです。歯茎より上に沈着している物は黄白色で、歯茎より下に沈着している物は血液成分の影響で黒褐色をしてより固い物です。 歯周病は痛みもなくじわじわと進行し、歯を支える組織を破壊します。重度に進行すると歯がグラグラになり一度に多くの歯を失う恐ろしい病気です。虫歯になりにくい歯の質で、あまり歯科にかかられたことのない方は要注意です。メープルリーフデンタルクリニックでは、歯肉炎や歯周病を予防するためにも、どなたも定期的に歯石を着色とともに取り除くことをお勧めいたします。

歯石

☆テトラサイクリン歯・・・
妊娠6ヶ月から8歳くらいが、永久歯の形成される時期で、その間に全身疾患等でテトラサイクリン系の抗生剤を服用すると、歯の象牙質の着色やエナメル質の形成不全が生じ帯状紋様を呈する場合があります。軽度の場合ホワイトニングで白くすることが可能ですが、重度の場合は希望される白さによって他の治療法を選択しなければなりません。ご相談ください。

軽度テトラサイクリン歯

☆加齢や遺伝的な要素による着色・・・
ホワイトニングをお勧めいたします。

☆銀歯や金属の被せ物・・・
ホワイトニング後、審美修復をお勧めいたします。ご相談下さい。

☆入れ歯のバネ・・・
バネを使用しない審美的な入れ歯。インプラント。ご相談下さい。

☆歯茎の色・・・
メラニン色素の沈着による歯茎の黒ずみは、口元の印象を暗くします。
メラニン色素を除去すれば、健康なピンク色を取り戻せます。

メラニン色素除去
(保険適応外 効果には状態によって個人差がございます。また後戻りも起こります。)

○機械的歯面清掃(保険適応)・・・
虫歯や歯周病の治療で通院されている患者様に、治療の一環として定期的に行っています。着色なのか、虫歯、歯石なのかをしっかり識別、診断し、できるだけ健康な歯を削らないためと、再び虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作るためを目的としております。歯磨きで落としきれない歯の表面に付着した汚れや色素(外来性ステイン)を、機械の回転ブラシや、超音波、研磨剤を使用し除去します。特に気になる着色がある場合、診療前スタッフにお申し出ください。診療時間に余裕がある場合、可能な限りおとりいたします。

機械的歯面清掃

○エアフロー(保険適応外)・・・
自費のクリーニングです。水と超微細な塩のパウダーを歯の表面に吹き付けて、汚れを取り除く処置です。歯より柔らかいパウダーを使用しますので、歯を痛めることはありません。歯にやさしい着色の除去方法です。ブラシが届きにくい場所でもパウダーが行き渡り、汚れを吹き飛ばします。日常の歯ブラシでは落としにくいタバコのヤニや、コーヒー、お茶、紅茶、赤ワインなどのしつこい外来性ステインの除去に効果的です。着色傾向の強い方、ホワイトニング前にお勧めです。エアフローの後は、歯の表面を磨き上げ、再び汚れが付きにくい状態にします。施術はご希望があればいつでも行えますが、知覚過敏や、歯茎に炎症がある場合、刺激を感じることがあります。またパウダーには塩分が含まれるため、高血圧の方は避けたほうが良い場合があります。
自費クリーニングには色々な方法が御座います。ご相談下さい。
施術時間と費用とは、着色の度合いによりますが、30分~60分で¥3,000~¥6,000です。
※別途消費税がかかります。

○PMTC(保険適応外 予防処置 歯のエステ)・・・
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。虫歯や歯周病の少ない予防処置の先進国、スウェーデン方式を採用しております。普段の歯磨き(セルフケアー)では取れないバイオフィルム(細菌の塊)を歯科衛生士が専用の器具を用いて取り除きます。ツルツルに、きれいになった歯の表面に失われたミネラルを補充し、フッ素を浸透させ、歯の石灰化を促進させます。虫歯や歯周病予防に効果があります。適切なセルフケアーとPMTCの組み合わせで、健康なお口の中の状態を保つことができます。歯本来の美しい色を取り戻すことができ、爽快感も得ることができますので、歯のエステとも呼ばれています。
施術の時期は、虫歯や歯周病の治療が終了し、定期検診に入る前や、定期検診で歯石を取り除いた後、ホワイトニング前後がお勧めです。(ホワイトニング前のPMTCはホワイトニングに影響がある為フッ素塗布を行いません。)
日本では、虫歯や歯周病の予防処置であるPMTCの認知度がまだまだ低い現状です。
施術時間 約60分 費用¥8,000
※別途消費税がかかります。

PMTC

○ホワイトニング(保険適応外)~ワンランク上の‘白さ’をお求めのあなたに~

ホワイトニング

○オフィスホワイトニング(保険適応外 ビヨンドホワイトニング)・・・
メープルリーフデンタルクリニックは、審美歯科治療を得意としており、歯科業界最先端のビヨンドホワイトニングシステムを採用しております。
歯科クリニックで行うホワイトニングとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングシステムです。
歯科医師と日本審美歯科学会(JAED)が認定するホワイトニングコーディネーターの資格を有する歯科衛生士で施術いたします。
ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。

歯の表面のエナメル質に付着した着色物質を、「光」で活性化した高濃度過酸化水素で、取り除きます。歯自体を削ったり、溶かしているのではなく、着色物質のみ分解し除去しています。これは、過酸化水素が酸化する際に酸素が発生し、着色物質と結合・分解させるためです。そのため、歯を本来の白さにします。
オフィスホワイトニングは1回の効果が高く、短時間で負担なくホワイトニングができます。オフィスホワイトニングは忙しい方や、ご自分で手間をかけたくない方、この日までに白くしたいという方におススメです。ホームホワイトニングとの組み合わせで、より安定した白さが持続します(デュアルホワイトニング)。

皆様のライフスタイルやご予算に応じて各種プランをご用意しております。ご相談ください。

オフィスホワイトニング

○ホームホワイトニング(保険適応外)・・・
歯型を取り、ホワイトニング専用のトレー(マウスピースタイプ)を作成します。 薬液(過酸化尿素)を専用トレーに入れ、歯に装着します。

ホームホワイトニングは期間がかかりますが、好きな時間に行うことができます。
必要があれば薬液の追加を行います。オフィスホワイトニングのアフターケアー(デュアルホワイトニング)、ご自宅でゆっくりメンテナンスしたい方、着色が強く長期的にケアが必要な方、頻繁に歯科に行く時間が無い方などにお勧めです。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングは来院されてすぐには施術できません。

受けられる前に術前診査、歯の表面の着色や歯石の除去、薬液の刺激を遮断する程度の虫歯や知覚過敏の処置など術前処置が必要となります。(術前処置は保険適応です。)まずは来院されて、診査、診断、カウンセリングを行い、歯科医師とホワイトニングコーディネーターと共に施術の時期や、計画を立てていきましょう。

ホワイトニングカウンセリング

ホワイトニング禁忌の方。
・妊娠中
・授乳中
・無カタラーゼ症

より詳しくホワイトニングを知りたい方はこちらをご覧ください。
http://www.beyondwhitening.jp/clinic/modules/weblinks/singlelink.php?lid=1507

オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング

○歯のマニュキュア(保険適応外 ビューティコート)・・・
歯を削ることなく、表面に薄いプラスティックを張り付ける審美治療です。どなたでも手軽に上顎の歯を白くすることができます。その日のうちに処置を終えることが可能なので、お急ぎの方でも対応できます。 目立つ銀歯の‘キラリ’を一時的に隠すこともできます。結婚式や同窓会、面接や記念写真など、特別な日にあなたの笑顔を輝かせます。
(上顎の歯が対象です。下顎の歯には使用できません。1~3ヶ月効果が持続します。元に戻したいときに簡単に除去できます。未成年やホワイトニングが適応でない患者様にも施術可能です。)

歯のマニュキュア(ビューティコート) 歯のマニュキュア(ビューティコート)

○セラミック治療(保険適応外)・・・
審美修復。歯の表面をわずかに削り、薄いセラミックを張り付ける方法(ラミネートべニア 取れない‘歯の着け爪’のような感じ。上の前歯のみ適応。)や、セラミックを被せる方法(オールセラミック修復)で歯を永久的に白くします。歯の形や並びも改善することができます。銀歯もセラミックやハイブリッドセラミック、ジルコニアなどで修復することにより、本来の歯の色を取り戻せます。金属を使用しないことにより、金属の腐食やイオン化(溶け出し)による歯や歯茎の黒ずみ、暗さも無く、金属アレルギーの心配もありません。
審美修復は、ホワイトニングで得られない‘歯の白さ’をご希望の方にもお勧めです。

オールセラミック修復

ホワイトニングや審美歯科を受けられた患者様は、以前より‘歯’や‘美しさ’そして‘健康’への関心が高くなります。美しさを維持することも、以前のようにならないようにすること(予防処置)も考えて下さるようになり、歯も鏡の前で丁寧に磨いてくれるようになります。(セルフケアー、磨き過ぎに注意ですが。)そして私たちメープルリーフデンタルクリニックに年2、3回定期検診にいらして、プロフェッショナルケアーや予防処置(PMTC)を受け、歯に関する‘気になること’を気軽にご相談していただければ、その美しく、健康的な状態が長く続くことをお約束いたします。10年、20年後も歯を失うことなく、しっかりご自身の歯で食事ができ、素敵な笑顔も守っていくこと。皆様の生活の質(Quality of life、 QOL)の向上にもつながることが、私たちの目標です。