板橋区 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 板橋区役所前

受付時間
10:00~13:00
14:30~20:00
メープル ブログ

携帯電話より
QRコードを読取り
ご覧下さい。

 

HOME»  PMTC

PMTC

当院での‘治療’を終えられた患者様。

もう歯で苦労したくない方にお勧めの処置をご紹介いたします。
初めてメープルリーフデンタルクリニックを訪れたとき、どのような理由でしたか?
歯の痛み・はぐきの腫れ・歯石を取りたい・・・理由は様々。
皆様にとって、虫歯の治療や歯周病の治療は期間もかかり、とても根気のいる事だったと思います。
治療を終えられた今、最初に当院へ掛かられた時のことをもう一度思い出して下さい。
治療を終えられたらそれでおしまい!ではなく、今日からまた再び悪くならないようにお口の健康維持・増進をしていかなければいけません。
私達は当院に掛かられている患者様のお口の状態や、ブラッシング習慣を十分把握しております。
これからは皆様一人一人に適した予防プログラムで健康をサポートいたします。
まずは、毎日のご自身のブラッシング(セルフケア)が一番大切。 
次に大切なことは定期的な検診と専門家によるプロフェッショナルケアです。
定期検診に入られる前に行うプロフェッショナルケアのPMTC。
虫歯や歯周病、口臭を防いでいく予防処置をご紹介いたします。

PMTCってどんな処置?

まずは‘染め出し’を行います。 
  PMTCってどんな処置?

毎日しっかり磨いているつもりでも、磨き残してしまう場所があります。
定期検診に入る前に、ご自身の歯ブラシの弱点・ポイントをしっかり抑えておくことが大切です。日々のセルフケアにお役立て下さい。
まずはプラーク(細菌)の染め出しを行います。
赤く染まっている部分は新しく沈着したプラーク。
青く染まっている部分は沈着して時間が経ち、バイオフィルム状のプラークです。
従って、青く染まっている所は‘常に磨き残してしまう場所’と言えます。悪さをします。
その場所を把握し、日々の歯磨きで効率的にプラークの除去を行いましょう。

セルフケアにおけるブラッシング方法を確認後、専用の歯面清掃器具(患者様専用のチップ)とフッ化物配合ペーストを用いて、歯の表面・隣り合っている所・歯と歯茎の間(歯周ポケット)内にあるバイオフィルム状のプラーク(細菌の塊)を1歯1歯丁寧に破壊し取り除きます。 

PMTCってどんな処置? PMTCってどんな処置?
PMTCってどんな処置? PMTCってどんな処置?

歯ブラシでプラーク除去しにくい所(歯と歯の隣り合っている所・歯の付け根)に専用器具やデンタルフロスでフッ素イオンを行き渡されることにより、エナメル質の深部まで再石灰化を促進します。

フッ素イオンが虫歯のリスクが高い所のエナメル質の再石灰化を促進し、虫歯を予防します。
歯周病原性細菌数を減少させ、歯周病を予防します。

歯面清掃終了。口腔内全体の歯面からバイオフィルム状のプラーク(細菌の塊)を除去した状態で、歯科医院専用の高濃度フッ素(9,000ppm)を塗布します。(スポンジ法 5分間)

PMTCってどんな処置?


エナメル質の構造にフッ素が浸透し、飲食物、虫歯の原因菌の出す酸に溶けにくい丈夫で強い歯を作ります。仕上げに歯の表面を強化するイメージです。 
酸に溶けにくい、丈夫で強い歯。虫歯や酸蝕歯を予防します。

 

Ca10(PO4)6(OH)2 ハイドロキシアパタイト ⇒高濃度フッ素⇒ Ca10(PO4)6F2 フルオロアパタイト
(結晶性が低い・不安定)   (酸に溶けにくい安定した構造)

 

PMTC 
Before
PMTCってどんな処置?
After!
PMTCってどんな処置?

フッ素の効果を最大限に発揮させる為に、施術後60分飲食を控えるようお願いいたします。以上で終了となります。(施術時間 約60分)

スッキリ爽快!
汚れ(プラーク)が全く無い最も綺麗な状態を体験してみませんか!

我が国における歯科医療の予防歯科の分野は、残念ながらまだまだ後進国で‘治療’が中心です。 
私達メープルリーフデンタルクリニックは‘しっかり綺麗に治療を終了し、健康維持・増進’を目標とした‘予防型歯科クリニック’を目指しています。 
予防の先進国を見習い、患者様方に虫歯や歯周病のない口腔内環境作りができますよう努力しております。
当院に通院されている皆様方には予防処置(PMTC)の真価を広く知って頂けることを願っております。虫歯や歯周病のない未来、私達とともに作っていきましょう!

Cure(治療)からCare(予防)へ。
もう悪くなったり、痛くなったりで歯科に掛かるのはやめにしませんか?

 

PMTC Price

○PMTC・・・¥8,000+tax
○PMTC( 3回目以降10%Off)・・・¥7,200+tax
○PMTC(10回目以降15%Off)・・・¥6,800+tax
○PMTC(15回目以降20%Off)・・・¥6,400+tax
*受ければ受けるほどお得になります。
*特典 保証期間のある自費治療(セラミック治療等)を受けられた方は、保証期間が終了しても、PMTCを受けられた回数×6ヶ月20%の保証が残ります。 [予防推奨型保証制度] 
下記のグラフは、5年間保証・PMTCを6回受けられて、20%の保証が3年延長した具体例です。 
 
PMTC Price

PMTCってどんな処置? Q&A 

PMTCは必ず受けなければいけないのですか?
必ずではありません。予防処置ですので患者様の選択肢の一つです。ご自身に必要と考えられた方のみお受け下さい。ご自身のブラッシング(セルフケア)に自信があり、うまくプラークコントロールが出来れば受ける必要はありません。そのような方は、定期検診と定期的な歯石除去、噛み合わせのチェックで十分お口の健康を維持・増進していくことができます。

☆このような方にお勧めです。
○毎日のブラッシングに自信がなく、ブラッシングのお手伝いが必要な方。
○もう‘治療’に戻りたくない方。お口の健康を維持・増進していきたい方。
○詰め物、被せ物などが多く、複雑な構造でブラッシングが困難な方。矯正治療中でブラッシングが困難な方。
○歯が良く、虫歯や歯周病に絶対なりたくない方。
○虫歯や歯周病のリスクが高い方。着色傾向のある方。ホワイトニングを受けられた方。
ご自身のブラッシングでカバーできない部分をPMTCで補い、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作り予防していくことをお勧めいたします。
健康保険は使えますか?
使用できません。自費治療となります。予防処置なので健康保険の給付はありません。
ご理解のほどよろしくお願い致します。
痛いですか?
まったく痛みはありません。治療と違いとても快適です。 眠ってしまう患者様が多く、心地よい処置で‘歯のエステ’と呼ばれています。

PMTCってどんな処置?
どのような効果があるのですか?
フッ素イオンが虫歯のリスクの高い所の、エナメル質の再石灰化を促進し虫歯を予防します。
歯周病原性細菌数を減少させ、歯周病を予防します。また口臭予防にもなります。
PMTCを受けると虫歯や歯周病にならないのですか?
絶対にならないわけではありません。残念ながらご自身の日々のブラッシングが適切に行われなければ、虫歯や歯周病の再発は起こります。
PMTCは、ご自身のブラッシング(セルフケア)でカバーできない部分を補い、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作り予防していく処置です。 
誰でも受けられますか?
高校生以上、永久歯列の方で、虫歯の治療・歯石の除去を終了された方が対象となります。 
いつ受ける処置なのですか?
虫歯や歯石がある状態ではPMTCの効果は十分に発揮されません。
したがって当院ではご来院された初日にPMTCの施術は原則的に行えません。
初めての方は虫歯や歯周病の治療が終了し、定期検診に入る前がベストです。 
また定期検診に入られている方は歯石を除去後、後日PMTCをお受け下さい。
処置時間はどれくらいですか?
約60分です。
処置日前後、気を付けることはありますか?
特にありません。当日はいつも通り歯磨きをしてご来院下さい。
施術後は60分飲食を控えるようお願いしております。 
歯は白くなりますか?
外来性ステイン(着色)を取り除き、本来の白さになります。
*歯の内部の色素を分解するホワイトニングとは異なります。
着色は付きにくくなりますか?
回数を重ねると、歯の表面のエナメル質が安定化・滑沢化することにより、着色が付きにくい表面性状となります。また着色が付いても磨き上げで落ちやすくなります。
PMTCを受けた後、ブラッシングで気を付けることはありますか?
染め出しで‘青く染まった場所’を思い出して、意識的にプラークコントロールして下さい。
自宅で自分でもできるフッ素はありますか?
高濃度は歯科医院専用の為ありません。低濃度フッ素を毎日使用しましょう。
フッ素入りの歯磨き粉(900ppm)、フッ素ジェル、洗口剤などがあります。
次回の定期検診ですぐにPMTCを受けることはできますか?
原則的に行えません。まずは歯石を除去し(保険適応・レントゲン撮影無3割負担で約¥3,000~)後日お受け下さい。
どのくらいの期間でまた受ければよいですか?
年齢・生活習慣・ブラッシング習慣・食習慣・嗜好品・口腔内環境・虫歯、歯周病のリスク・歯の表面性状、定期的な歯石除去の期間(定期検診)は皆様それぞれです。 
あなたに適したPMTCの間隔は歯科衛生士にご相談ください。
当院の患者様は年2~3回受けられている方が多いです。

PMTCってどんな処置?
使用するフッ素は安全ですか?
安全です。 決められた使用方法を守っていればまず問題はありません。
フッ素は天然界のあらゆる飲食物に化合物として含まれる物質です。 
成人は必須栄養素として1日3㎎必要です。(体重1㎏あたり0.05㎎が適正摂取量)
フッ素の使用に懸念を抱く方もいらっしゃると思いますが、我が国における厳しい薬事法の下での使用は人体に悪影響は与えません。
ご心配であれば、体重から推定中毒量を算出いたします。ご安心ください。
○全ての物質がそうであるように、フッ素も過剰摂取すると中毒を起こします。
急性中毒量(吐き気・嘔吐・腹部不快感)推定中毒量 体重1㎏当たりフッ素として約2~5㎎です。
したがって体重30㎏のお子様の場合約60㎎~150㎎、体重60㎏の方の場合約120㎎~300㎎となります。 
高濃度フッ素9,000ppmってどれくらいの濃度ですか?
1ppm(パーツ・パー・ミリオン)=100万分の1という極めて小さい濃度を表す数値です。
1ppm=1/1,000,000×100=0.0001% 9,000ppm=0.9%となります。
フルオール・ゼリー2g使用した場合でも 2×0.9/100=0.018g 18㎎のフッ素量です。
(体重60㎏の方の推定中毒量の約1/17~1/7)
フッ素は着色するって聞いたことがあるのですが、大丈夫ですか?
PMTCで使用するフッ化物配合ペースト・高濃度フッ素ジェルは着色しません。
フッ素の使用が心配です。フッ素を使用しないPMTCはできますか?
可能です。染め出しを行った後、フッ素フリーのペーストを使用し施術します。
施術時間は約45分です。フッ素からの虫歯抑制効果の恩恵は受けられませんが、歯周病原性細菌数を減少させ、歯周病予防に効果的です。
主にホワイトニング前に行われるPMTCです。フッ素フリーPMTC  ¥6,000+tax 
染め出ししないで、高濃度フッ素だけ塗布してもらえますか?
可能です。¥2,000+tax しかしながら、この方法は小児が対象です。
歯の表面に歯石・外来性ステイン・プラーク・バイオフィルムが付着していると高濃度フッ素からの虫歯抑制効果が十分に発揮されません。
成人の場合、PTC(自費クリーニング)+高濃度フッ素をお勧めいたします。  ¥5,000+tax
どうしても1日で歯をキレイにしてPMTCまで受けたいのですが・・・
PMTCは歯石を除去した口腔を前提に行う処置です。 
ご来院された初日にPMTCの施術は原則的に行えません。
同日でPMTCと歯石除去等保険治療は混合診療となるため併用はできません。 
どうしても・・・という場合。
虫歯や歯石がある状態ではPMTCの効果は十分に発揮出来ない事をご理解いただいた上で施術いたします。 
歯の着色や、歯石の沈着度合いにもよりますが、問題なければ通常料金( ¥8,000円+tax)です。
歯の着色汚れや、歯石沈着がある場合、自費のクリーニングを繰り合わせるとより効果的です。
ご相談ください。
 
*自費クリーニング組み合わせ例
PTC+フッ素⇒ ¥5,000+tax
エアフロー+フッ素⇒ ¥8,000+tax 
PTC + PMTC⇒ ¥11,000+tax
エアフロー+ PMTC⇒  ¥14,000+tax

施術時間約45分~90分