板橋区 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 板橋区役所前

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00

●・・・15:00~17:00

メープル ブログ

携帯電話より
QRコードを読取り
ご覧下さい。

 

HOME»  変色歯の治療法(インターナル・ブリーチ法)

ウォーキングブリーチテクニック

神経の無い歯の漂白と審美修復方法。(Internal Bleaching 保健適応外・自由診療)

鏡でご自身の歯を眺めながら

と思われた方いらっしゃいませんか?

その変色の主な原因は‘歯の内側’にあります。

主な原因

○過去にぶつけた記憶がある。(外傷)歯をぶつけて欠けた事がある。
○矯正治療をしていた。
○過去に虫歯の治療で、先生に‘虫歯が深く、神経ギリギリまで進んでいます。’と言われたことがある。
○深い虫歯で、歯の神経が死んでいる。
○過去に虫歯が歯の神経まで進んでしまい、神経を取り除く‘根の治療’を受けたことがある。


思い当たる事はありましたか?
 

若いころに前歯をぶつけた事が原因で、大人になってから変色歯となるケースもあります。

歯の中の血液成分や神経の腐敗した組織が根の中に残留している場合、
時間の経過とともに歯は黒ずんで変色していきます。これが主な原因です。
もし‘歯の変色’があれば、気になりませんか?
前歯が黒ずんでいると・・・周りの歯との色調の差で目立ちます。

話している相手の視線が口元に行くのが気になる。
歯の変色が気になって笑顔が少なくなる。
恥ずかしくてついつい口元を隠してしまう。
自信が持てず、消極的になってしまう。
会話が楽しめない。

負の連鎖反応です。

治療方法

このようにコンプレックスとなり得る変色歯の治療法は2種類あります。
 

〇1つは歯を削って被せる治療法。審美歯科治療ならセラミック治療です。(自然で美しい被せ物をご覧下さい。)

〇もう一つは歯の外側と内側から漂白する‘Internal Bleaching(インターナル・ブリーチ法)’です。
現代歯科医学ではセラミック修復の技術が進歩し、このような変色歯に対して‘削って被せる’方法が主流ではありますが、‘変色は気になるけど、歯を削って被せるのは抵抗がある。’という方にお勧めの治療法です。ここでは後者の‘Internal Bleaching’をご紹介いたします。

根管治療

レントゲンで変色歯の根の状態を確認します。歯の神経が死んでいたり、根の治療が必要な場合、歯の裏側より穴を開け細菌に感染してしまった部分を取り除き、洗浄・消毒します。(感染根管治療)
根の先や中の状態が良くなったら再び細菌感染を起こさないよう緊密に薬を充填します。(根管充填)レントゲンで充填を確認し、臨床上問題が無ければ根の治療は終了です。ここまでは保険適応で行えます。

インターナル・ブリーチ
薬液が根の中に浸透しないようにセメントで処理し、周囲歯肉を保護
歯の表面と内面から過酸化水素を有効成分とするジェルを塗布し、
可視光線を照射して活性化させ、色素分解を行います。
*インターナル・ブリーチ術後の注意事項
適切な処置の効果を得るために、処置後24時間以内は着色性の飲食物の摂取及び喫煙を
控えるようお願いしております。

必要であれば追加ウォーキング・ブリーチ
インターナル・ブリーチから約1週間後、歯の色調をチェックし、
問題がなければ歯の修復処置に移ります。(後述)
もう少し漂白が必要であれば、ご相談の上追加でウォーキング・ブリーチを行います。(オプション 別途)

ウォーキング・ブリーチとは、根の中に35%過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混和したペーストを填入し、変色の原因である色素を漂白し、分解していく漂白方法です。
この処置は‘歩いている間に漂白される。’と言うところから’Walking Bleach法’と呼ばれています。

審美修復処置

○ブリーチ後約1週間で歯の色調をチェックし、問題がなければ歯の修復処置に移ります。神経のない歯は月日が経つほどに脆く、折れやすくなってしまう為状態により、必要であれば色調に影響のないグラスファイバーの土台(ファイバーコア)を根の中に入れ、歯を補強します。(オプション 別途)
歯の裏側に硬い樹脂の詰め物をします。(インターナル・ブリーチ代に含む)
必要であれば古い詰め物、細かい色調の補正を審美CR修復(Composite Bonding)により修正します。(オプション 別途)これで処置は終了です。

◯施術Before&After写真は医療広告ガイドラインに基づき掲載しております。
 

<広告必要情報>
 

○インターナル・ブリーチ 利点・・・即効性。施術した日に効果が認められる。
セラミック等の被せ物をするより安価で、歯を削る量も少ない。
残っているご自身の歯を可能な限り利用していくことが出来る。
 

○インターナル・ブリーチ 欠点・副作用・・・色調の改善は状態により個人差があり、予知性がない。
長期間の経過で多少色調の後戻りの起きる場合がある。
追加ウォーキング・ブリーチの薬剤による熱反応で、歯根の吸収が起きることがある。
(術前に根の治療をしっかりと行い、薬剤が根の先に浸透しないようにセメント処理するので歯根吸収は稀です。)術中に高濃度の薬剤を使用するので、薬剤が歯肉や粘膜に付着すると、化学的な火傷を起こすことがある。(歯肉保護剤を使用しています。)
神経の無い歯なので、神経のある健康な歯に比べ歯が欠けやすい。

Price 前歯1本

インターナル・ブリーチ(当院で施術する変色歯の漂白+歯の裏側に詰める樹脂。)
◯保険適応外・自由診療です。(根の治療・歯石除去は保険適応)
◯通常価格 1歯¥35,000+tax(税込み価格¥38,500)
オプション
◯追加ウォーキング・ブリーチ 1歯1回¥5,000+tax(¥5,500)
◯根の中にグラスファイバーの心棒を入れて補強をする方法
ファイバーコア ¥10,000+tax(¥11,000)
◯古い詰め物の詰め直しが必要な場合
審美CR修復 1ヶ所¥5,000+tax~(¥5,500~)
 

*ホームページではお伝えできる情報に限りがあります。適応の可否や、より詳しくお知りになりたい方は是非ホワイトニング相談をお受けください。
歯科衛生士によるホワイトニング相談は無料です。(約30分 予約制)
 

*インターナル・ブリーチ法は、歯の質を保存しできるだけ削らない治療法としては有効ではありますが、状態や効果は個人差があります。
ご自身でイメージしていた色調まで改善しなかった場合や、周りの歯との調和が取れない場合はセラミック治療等の検討が必要です。(別途)
*ご自身でイメージしていた色調まで改善しなかった場合でも、施術後の返金は致しかねますので、予めご了承ください。
*インターナル・ブリーチ施術当日、ご予約時間までにご連絡の無いキャンセル(無断キャンセル)をされた場合、施術予定料金の10%キャンセル料が発生いたします。予めご了承ください。
*現在掛かりつけの歯科医院があり、当院でインターナル・ブリーチのみをご希望の患者様は、自由診療初診料¥5,000+tax(¥5,500),1診療毎に、自由診療再診料¥3,000+tax(¥3,300)が別途かかります。
(当院にお掛かりの患者様・当院で根管治療・歯石除去等、保険治療を受けられる患者様・治療終了後も当院で定期的に歯の検診・歯石除去を受けられる患者様はかかりません。)
※2020年10月現在の料金です。使用材料・施術方法により改訂する場合が御座います。

保証

インターナル・ブリーチの保証は行っておりません。
再インターナル・ブリーチは可能ですが要相談です。
歯冠が小さく欠けてしまった場合、審美CR修復で修復が可能です。(別途)
歯冠が大きく破折してしまった場合、被せる治療(セラミック治療等)が必要となる可能性があります。(別途)

その他広告必要情報

◯対象歯は前歯のみです。
◯歯科医院のみ取り扱える高濃度過酸化水素を使用します。
◯歯の表面及び内面から有効成分である高濃度過酸化水素ジェルを浸透させ光で活性化し、色素を分解する方法で神経の無い歯を白くします。
◯効果の度合いや状態の持続には個人差があります。
変色歯の治療法はどの症例でも、同様な結果が出せる処置ではありません。
変色の程度、歯の神経が壊死してしまってからの年月、
又は歯の神経を取り除く処置を受けてからの年月
歯の神経質壊死した理由(虫歯・外傷・歯科矯正など)、
残存歯質量などによって結果は異なります。
◯虫歯による色・プラスチックの詰め物・金属イオンによる変色には効果がありません。
◯根の治療が終了して、歯石や着色の沈着のない歯茎の引き締まった方が対象です。施術の可否はご相談下さい。
◯禁忌 妊娠中・妊娠の可能性が高い方・授乳中・無カタラーゼ症の方・小児・重度の歯肉炎や歯周病の方・過酸化物、グリコール、メタクリル樹脂、その他レジンに対する過敏症のある方・呼吸器疾患のある方。
◯副作用 神経の無い歯の過度な漂白は、歯の質を脆くする可能性があります。
◯掲載写真は同条件下で撮影し、画像処理・加工は一切行なっておりません。

歯を綺麗にする事で、
今まで以上に歯や健康を意識し、QOLを高め、
生涯歯を失う事なく過ごす事に繋がると当院は考えています。

インターナル・ブリーチは個人差こそありますが、
施術日にかなりの効果が得られるので、
これまでの歯の色に対するコンプレックスが一気に解消され
声を上げて喜ばれる方もいらっしゃいます。

私たちにとっても喜ばしい瞬間です。

口元であなたの印象は確実に変わります。

変色歯でお悩みの方、是非ご相談ください。

*当ウェブサイトは医療広告ガイドラインに則り作成しております。

メープルブログ・アーカイブ 関連記事です。 是非ご覧ください!