板橋区 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 板橋区役所前

受付時間
10:00~13:00
14:30~20:00
メープル ブログ

携帯電話より
QRコードを読取り
ご覧下さい。

 

HOME»  変色歯の治療法

ウォーキングブリーチテクニック

神経の無い歯の漂白と審美的修復方法。(ウォーキングブリーチテクニック 保険適応外)

鏡でご自身の歯を眺めながら

と思われた方いらっしゃいませんか?
その歯をいつも診療室で見ているレントゲン写真で確認してみて下さい。

この変色の原因は‘歯の内側’にあります。
したがって歯の外側からのホワイトニングを行っても効果はありません。

○過去にぶつけた記憶がある。(外傷)
○矯正治療をしていた。
○過去に虫歯の治療で、先生に‘虫歯が深く、神経ギリギリまで進んでいます。’と言われたことがある。
○過去に虫歯が歯の神経まで進んでしまい、神経を取り除く‘根の治療’を受けたことがある。


思い当たる事は御座いましたか?
 

歯の神経が外傷や虫歯で死んでしまったり(矯正治療でもまれに起こります。)、根の治療を受けたが、神経の腐敗した組織が根の中に残留していた場合、時間の経過とともに歯は黒ずんで変色していきます。 
この変色歯は‘歯の神経が死んでいる’というキャラで人気のお笑い芸人で有名になりましたが、もしご自身にこの‘歯の変色’があるとしたら、気になってしまうのではないでしょうか??? 
歯の変色が気になって笑顔が少なくなる。。。
会話が楽しめない。。。
自信が持てない。。。
恥ずかしくてついつい口元を隠してしまう。。。
消極的になってしまう。。。
 

このようにコンプレックスとなってしまうこの変色歯の治療法は2種類の方法があります。 
1つは歯を削ってラミネートべニアやセラミック治療。
歯の表面にセラミックを張り付けたり、セラミックの被せ物をする方法です。 
自然で美しい被せ物をご覧下さい。)

もう1つは歯の内側から漂白する‘Walking Bleach法 (ウォーキングブリーチテクニック)’です。 
‘変色は気になるけど、歯を削って被せるのは抵抗がある。’ という方にお勧めの治療法です。
ここでは後者の‘Walking Bleach法’をご紹介いたします。


レントゲンで変色歯の根の状態を確認します。
歯の神経が死んでしまっていたり、根の治療が必要である場合、歯の裏側より穴を開け細菌に感染してしまった部分を取り除き、洗浄・消毒します。 (感染根管治療)

 

根の先や、中の状態が良くなったら再び細菌感染を起こさないよう緊密に薬を充填します。(根管充填)
レントゲンで充填を確認し、臨床上問題が無ければ根の治療は終了です。ここまでは保険適応で行えます。

 

根の治療終了後、根の中から変色の原因である色素を漂白し、分解していきます。
薬剤は35%過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混和したペーストを使用し、緊密に封鎖します。
約1週間後に薬の交換と色調のチェックを行います。
薬の交換は色調の変化がなくなるまで行います。通常2~3回程です。 
この処置は‘歩いている間に漂白される。’と言うところから‘Walking Bleach法’と呼ばれています。

 

神経のない歯は、月日が経つほどに脆く、折れやすくなってしまいます。
歯を補強するために色調に影響のないグラスファーバーの土台(ファイバーコア)を根の中に入れ、歯の裏側や古い詰め物、細かい色調の補正を審美CR充填(ダイレクトボンディング)により修正します。
これで処置は終了です。 


○Walking Bleach 利点・・・ セラミック等の被せ物をするより安価で、歯を削る量も少ない。 
残っているご自身の歯を可能な限り利用していくことが出来る。


○Walking Bleach 欠点・副作用・・・色調の改善は状態により個人差があり、予知性がない。
薬剤による熱反応で、歯根の吸収が起きることがある。(術前に根の治療をしっかりと行い、薬剤が根の先に浸透しないようにセメント処理するので歯根吸収は稀です。)
神経の無い歯なので、神経のある健康な歯に比べ歯が欠けやすい。
術中に高濃度の薬剤を使用するので、薬剤が歯肉や粘膜に付着すると、化学的な火傷を起こすことがある。
(当院はラバーダムにて防護し、安全に施術するため問題はありません。)

 

○このWalking Bleach法は、歯の質を保存し、できるだけ削らない治療法としては有効ではありますが、状態や効果は個人差があります。
ご自身でイメージしていた色調まで改善しなかった場合や、周りの歯との調和が取れない場合はラミネートべニアやセラミック治療の検討が必要です。
この場合当院でWalking Bleachをお受けになられた患者様に限り、該当歯のセラミック治療を10%Offにてご提供いたします。
ご相談下さい。


○神経の無い歯に起こる変色を、歯の内側から漂白する方法‘ウォーキングブリーチ法’の歴史は古く、日本でも平成18年3月末まで保険適応で行われていました。 
しかしながら‘効果は状態により個人差があり、不確実であること。’ ‘変色は疾患ではなく、漂白は審美歯科である。’等の理由から保険適応から外れ、自費治療となりました。 
現代歯科医学ではセラミック修復の技術が進歩し、このような変色歯に対して‘削って被せる’方法が主流となり、結果が不確実な‘ウォーキングブリーチ法’を行う歯科医院は少なくなっています。 
神経のない歯は、月日が経つほどに脆く、折れやすくなってしまいます。 
しかしながら‘できるだけ歯の質を保存する(残す)ことが歯の寿命を延ばす’と私達メープルリーフデンタルクリニックは考えています。 
治療費も被せ物をするより安価です。いつの日か歯冠だけ割れてしまったら、初めてその時被せ物に移行しても良いのでは?  
皆様はどのように考えますか? 
Walking Bleach法を受けられた方は、その歯が‘少し弱い歯’と頭の片隅に置いておいてください。 
そのまま長期的に安定し、機能し続けることを望みますが、もし不幸にも何かの拍子に歯が欠けてしまったら慌てずご連絡下さい。


Price 前歯1本

根管治療(保険適応)+Walking Bleach(薬液3回迄¥20,000+Tax・薬液追加1回¥3,000+Tax)
歯冠修復 補強無CRのみ(¥5,000+Tax) or ファイバーコア+ダイレクトボンディング(単純¥10,000+Tax 複雑¥15,000+Tax)


症例集


 


 


○患者様が日に日に歯が白くなることを実感でき、今までのコンプレックスから解き放たれ、明るい笑顔で来院してくれるので、私達も嬉しくなります。
そんなWalking Bleach法 お気に入りの審美歯科治療のひとつです。